展示会におけるデザインの洗練さを究める

subpage01

商品の宣伝のための展示会において、来訪者にすんなり受け入れられると、それは展示会デザインがうまくいったことを示します。



それは来訪者にとって受け入れやすく、なじみとなり、商品の購入への意欲へとつながるからです。



来訪者の興味が新商品の持つ性能や新しさに向かうことができるように、無理なく誘導できているか、それがいちいち来訪者が意識的に目を向けたり、思考を途切れさせるようなマイナスのもの、ブレーキになるようなものになっていないかどうかなどを確かめます。


アイキャッチで展示会ブースに並べられているものを自然な流れで目が移動していき、新商品のコンセプトがブースを離れるときにはすでに来訪者の頭の中に入っていることが理想です。

この会社はこんな商品を開発したということが来訪者を通じて第三者に伝わるようならば大成功といえるでしょう。


その宣伝効果は抜群です。

そうした口コミの情報が流れていくことはデザイナーにとってはデザインした価値が生まれます。
したがって商品の名称(愛称)、特色や、ねらい(世の中のニーズにどれだけこたえられているものかという点で)がわかりやすく伝わるようにデザインすることです。案内表示を必要とせずとも自然な流れで理解できるものが最上です。洗練されたデザインならばどんなことが期待できるでしょうか。
たとえば、来場者の流れができ、むしろその動きはよりよくなるはずです。
不自然に滞留したり、見ることができない方があきらめて他へ移動してしまうということがあまりないはずです。
問答や説明も聞き取りやすくなります。
わかりやすさがより付け加わるので、商品のポイントが頭に入りやすくなります。

そして、そのユニークさや楽しさ、商品を通じた感動さえ引き出せるでしょう。



こうして来訪者は展示会を訪れて満足することができます。