中古車の後悔しない賢い選び方

中古車を買って後悔だけはしたくないのは消費者全員の希望です。後悔しないためには、基本的な自動車の知識をある程度身に付けて置く事は必須になります。全ての情報を見るのではなく、重要なポイントを見落とさない様にするのが大切になってきます。重要な点として、走行距離、車体の色、オーナー歴が上げられます。

走行距離は距離が少ないに越した事はありませんが、車種によっては、あえて10万キロをオーバーしているものが望ましいケースもあります。タイミングベルトが交換されているかが明記されていない場合は、10万キロオーバーの中古車の方が安全です。また、タイミングチェーンの場合は、交換する必要が無いので走行距離は少ない中古車を厳選する必要があります。車体の色は、パールホワイトかブラックが望ましいと言えます。

理由は転売する際の買取価格に影響を及ぼすからです。赤や青、黄色といった原色はマイナス査定になり易く高値で買取してくれません。最後まで乗り潰すのであれば、車体の色を気にする必要はありませんが、なるべくなら原色を避けた方が賢明です。オーナー歴は、現在に至るまで何人の人が乗ってきたかが重要になってきます。

もちろん人数の少ない方が良く、複数人オーナー歴がある中古車は避けた方が得策です。自動車は運転手の癖が付き易い機械です。ハンドリングの仕方でシャフトへのダメージが生まれたり、アクセルワークの違いでエンジンの調子にも影響を与えます。オーナーが複数人いれば、故障する箇所も必然的に増えてきますので、なるべくワンオーナーの中古車を探す必要があります。