中古車の相場はオートオークションの落札値が基準

中古車を売買する際には、当事者として売主又は買主の何れに成るにしろ、取引を進める上でまず当該車両の相場価格の把握が必要となります。そして、この相場については、全国各地で毎週開催されるオートオークションの落札値が1つの大きな基準となっています。このオートオークションは、日本国内にある中古車の7割以上を扱い、競りには一般の方は参加できず、中古車の取扱店並びに販売店、ディーラーや輸出入業者など会員登録した業者のみが参加を許されています。また、このオークションには、数100台から1万台以上扱う規模も様々な会場が全国に散在しており、毎週どこかで開催され、日々多くの車両が取引されています。

その競りでは、まず事前に独自に配された専門性の高い検査員により、メーターの巻き戻しや事故の有無など車両コンディションが細かくチェックされた上で出品されます。そして、実際の競りでは、同種同コンディション車両の前回落札値から開始され、その時々で一番高値を付けた業者が落札し、この落札値が次のオークションの開始値となります。これらのことから、中古車の相場は、日本国内にある多数を扱い、多くの業者参加するオートオークションの落札値によって決まり、全国で頻繁に開催されていることから流動的です。従って、中古車を売買する場合には、オートオークションに於けるその車両と同じ車種、年式や走行距離等同程度コンディションの車両落札値を把握することが大切であり、また相場は変動する為細かく確認することもポイントになります。

24時間のレンタカーのことならこちら