中古車のメリットとデメリット

中古車は新車と比べると価格が安いです。価格の変動が激しいため、新車では高額だった車を、需要が落ち着いた時期に少し安くで購入できます。また同じ金額の車を比べると、新車より中古車の方がグレードが高いことも珍しくありません。また納車が速いのが特徴です。

新車は発注してから2ヶ月後に納車されます。売れている車では、ある程度生産量を増やしていますが、メーカーの工場の稼働率が下がっているので、在庫が少ないことが多いです。そのうえオプションをつけることが多いので、さらに時間がかかります。中古車だと販売店に展示されている車を選ぶので、すぐに手続きができます。

点検と整備、名義変更が完了すれば、納車されて自分の車として利用できます。さらに新車は最新モデルでないと新車として販売されません。特に完全受注生産だと、新車で買うことは難しいです。このような場合に、販売店を覗いてみると、モデルチェンジする前の車が販売されていることがあります。

生産が終了しても、前のオーナーが下取りに出している可能性があります。一方で、中古車は前のオーナー次第でコンディションが異なります。新車は誰も乗ったことがないので、全ての車が同じコンディションで販売されます。中古だと前のオーナーの扱い方や走行距離、メンテナンスの有無などが影響します。

また中古車は販売店によって、アフターサービスに不満を覚えることがあります。特に全国展開していない場合、引越し先でのアフターフォローがないこともあります。