中古車を選ぶ時に参考にするポイント

中古車を選ぶ時に参考にする時のポイントとして、年式や走行距離がありますがこれらはあくまでも参考にはできても、絶対視できるようなものではありません。単純に年式が古かったり、走行距離が多かったりすれば状態が悪くなっている可能性は高いものですが、年式が新しく走行距離が短いからといって状態が良いとは限らないためです。そもそも、車というのはメンテナンスさえしっかりとしていれば、何年でも何十万キロでも問題なく走行をすることができるものであるため、メンテナンスさえしっかりとしていれば年式や走行距離はそこまで気にする必要のないものとなっています。それでは全く参考にならないのかというのもそのようなことはなく、一般的に車の寿命といわれている10年10万キロを超えた車ともなればいたるところで消耗品の交換が必要となるので、それらの部品が交換されていない車の場合にはいくら価格が安くてもあとでお金がたくさんかかることがあるため、避けたほうが良いともいえるのです。

このように中古車を選ぶ時に年式や走行距離を参考とすることは多いものですが、あくまでも整備がしっかりとされていることが前提であり、整備状況に加えて年式や走行距離を参考にして中古車を選ぶことが大切です。ただ、年式が新しい走行距離が少ない車は状態が良いと思っていると、思いがけず状態の悪い車を掴んでしまう可能性もあるだけに、必ず整備もしっかりされているかを確認することが大切です。