レンタカーで福祉車両を利用して快適な移動体験を

足が不自由であったり高齢であったりするために日常生活の中で車椅子を常用している方にとって、外出はとてもハードルが高い行動です。もちろん、市街地や公共施設、一部の民間商業施設、ホテルなどの宿泊施設においてはバリアフリー化が進められている最中ではあるものの、そこへアクセスするための手段がないという状況にお悩みの方も多いでしょう。そこで便利なのが福祉車両です。車椅子の利用者であっても乗用車での移動が飛躍的に楽に行えるということで大きな注目を集めています。

自動車メーカー各社が、メインとなる車種を中心にして福祉車両の設定をしております。呼び名は各社で異なっていますが、基本的には「助手席や後部座席が回転して乗降しやすい機構を備えている」「車椅子のまま車両に乗り込むことができる」というタイプの車両を福祉車両としています。病院や施設への送迎だけでなく、旅行やレジャーなどにも最適です。そして福祉車両はレンタカー会社での取り扱いも増えてきています。

レンタカーを利用する場合には、事前に予定を組み早めに連絡して予約をいれておくことが確実です。人気の高さに比較してレンタカー会社で扱う台数が不足しているケースが多いため、調べておくことをおすすめします。また近年は福祉車両を専門に扱うレンタカー会社もあります。すべての人が快適に移動し、旅行やレジャーを楽しめる社会のために、これからもますます普及が進むものと考えられています。