福祉車両を扱うレンタカー会社が増加中

日本のみならず世界中でバリアフリー化が進展しています。身体に障がいのある人もない人も、高齢者も若者も、それぞれが思い通りに自由に移動できるようにするために、さまざまな工夫が進められるようになってきています。福祉車両の開発もその一つです。自動車メーカーによって愛称は異なるものの、どの自動車メーカーも福祉車両を必ずカタログモデルとして用意しています。

大きく分けると回転シート式の車両と車椅子で直接乗降できる車両があります。また特殊な例としては足の不自由な人が腕だけで運転できるように改造した車両も福祉車両として含める場合がありますが、一般的には車椅子を日常的に使用している人に向けた車輌のことを示します。レンタカー会社でも導入が進められており、買い物や旅行、病院や施設への送迎などに利用する人が増えてきています。福祉車両を所有して日常的に利用するには、購入費用がかかったり維持コストがかかったりと、費用の観点から負担がかかりますが、レンタカーであるのでしたら必要な時に借りることで済ませられますので、大きくコストを削減することが可能です。

利用頻度が低いのであればレンタカーを使用するという方法がおすすめです。多くのレンタカー会社が福祉車両の導入を進めており、予約をすれば希望の日程で使用が可能となります。台数には限りがあるために必ず事前予約をするようにアナウンスしているレンタカー会社もあります。ホームページからの予約ではなく、直接の電話連絡が必要な場合もありますので、ホームページでよく確認しましょう。