福祉車両はレンタカーもあります

福祉車両とは、障害をお持ちの方や、高齢の方などが、乗り降りがしやすいように、あるいは運転がしやすいように、色々な工夫が施された車のことを言います。障害をお持ちの方やお年寄りが自力で運転できる車のことを、自走式または自操式と呼び、手助けや移送がしやすいタイプの車のことを、介護式あるいは介助式と呼んでいます。自走式または自操式車両とは、運転しやすくするため、特に運転席の部分を中心に改造が施された車や、他にはシニアカー、あるいは電動車椅子などのことです。介護式または介助式車両とは、車椅子を乗せやすくした車や、乗り降りしやすいように座席が回転する車などのことです。

これらの福祉車両は、特に「介護式または介助式車両」を中心に、レンタカーもあります。福祉車両がご家庭にあれば、行動範囲が大きく広がり、当然便利でもあります。ただ、購入されるとなれば一般の車両よりも高額で、もちろん維持費も必要です。また、購入をご検討されている場合には、購入前にお試しになりたい方もいらっしゃるでしょう。

これらのことを考えると、レンタカーのご利用はおすすめです。福祉車両のレンタカーをご利用の場合には、いくつかの注意点があります。レンタカー会社によって取り扱われる車両には違いがあります。また、ご予約方法も会社によってはネット予約の対象ではなく、お問い合わせが必要です。

これらのことから、あらかじめ情報収集を行われた方が賢明だと思われます。「自走式または自操式車両」のレンタルが可能な会社は、まだ少ないのが現状のようです。こちらの方のレンタルも、積極的に取り組んでほしいと願う方々も多くいらっしゃることでしょう。今後に期待です。

行動範囲が広がって便利でもある福祉車両レンタカーは、高齢化社会に突入している日本で、需要の増加が見込まれる存在です。