福祉車両のレンタカーを利用する場合には

車椅子をご利用になっている方の異動の際に便利な福祉車両です。助手席のシートが回転して低い場所まで移動し、車椅子から簡単に乗り換えることができるような機構を備えた車両や、車椅子のまま乗り込むことができるようにスロープ付きの乗降口が設けられた車両など、さまざまな種類があります。旅行にいく場合や病院までの送迎など、必要な場合にだけ福祉車両利用するには、リーズナブルな料金で借りることのできるレンタカーがおすすめです。バリアフリー化が進み、高齢者や足に障がいを持つ人がもっと自由に移動できる手段として福祉車両は開発されました。

実際に多くの方が利用しており、これからも需要は高まるものと考えられています。そのためレンタカー会社においても福祉車両を用意できる店舗が増えておりますし、専門のレンタカー会社も見られるようになりました。高齢者や障がい者福祉の観点から、その利用料金には消費税がかからないなどのメリットもあり、より多くの人が気軽に利用できるように制度が整えられています。利用料金は車両の大きさや種類、貸出時間によって変動しますので、前もってウェブサイトで確認しておきましょう。

車両のサイズが大きくなれば価格は上がりますが、小型車でも車椅子のまま乗り込めるタイプもあります。どのような装置がついた車両が用意できるかの確認も重要です。なお、レンタカーで福祉車両を利用したい場合には、事業所によっては用意できる台数に限りがある場合がありますので、事前に利用したい日時を予約しておくのが良いでしょう。