高齢者の乾燥肌には何が効くか

高齢になると、若いときに比べて皮脂と汗の分泌が減るので、皮脂膜が作られにくくなります。すると内側から水分が蒸発して、カサカサの乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になるとかゆみが出て、それを掻いてしまうと炎症になってさらにかゆみが強くなるという悪循環に陥ります。また、介護を受けているような方だと、入浴がうまく出来ずに、体が不衛生になってしまうことで肌に悪影響を与える常在菌が活発になって肌トラブルが起こることもあります。

高齢になると免疫力も衰えますし、代謝も衰えるので、一度肌トラブルが起きてしまうと、改善しにくいという特徴があります。高齢者のかゆみを伴う乾燥肌は、老人性皮膚そう痒症と呼ばれています。秋~冬の乾燥しやすい肌に発生しやすい症状です。すね、太ももなどがかゆくなりやすいです。

対策としては、保湿液やクリームを塗っても良いですが、それよりもワセリンを使ったほうが肌には優しいです。ワセリンはアトピー性皮膚炎を鎮める薬としても使われていますし、火傷の手術のときに炎症が広がらないように使われることもある肌に優しい性質をしています。保湿以外には、熱すぎるお風呂に長く浸かるのも控えたほうが良いです。お年寄りは熱いお湯にどっぷりと浸かるのが好きな人が多いですが、熱いお湯は肌に強い刺激を与えてしまいます。

40℃以下の温度が乾燥肌の改善にはおすすめです。お風呂上りにはしっかりとワセリンで保湿すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です