化粧水の効果を高める使い方

肌のうるおいを保持する役割を持つ化粧水には、効果をより高める使い方があります。化粧水でケアする際は、十分に肌に水分を補給することがポイントです。化粧水を使用する際は、手あるいはコットンを使用して軽く顔を押さえるようにしながら浸透させると、保湿や水分の補給効果を高めることが期待できます。まず手で付ける場合は、適量を手のひらに取ってから顔を覆うようにして顔全体に当てて、下から上に向かって少しずつ浸透させます。

一方コットンを使う場合は、中指と薬指にコットンを乗せてから残りの指で挟んで固定し、あごの下から上の方に移動しながら額まで優しくパッティングしていきます。手またはコットンを使って顔全体に化粧水を付けた後は、顔の中心から外側に向かってパッティングをし、シワが気になる部分はじっくりと浸透させると効果が期待できます。ケアが終了した後は乳液やクリーム、美容液などを早めに使うことにより、うるおいを保って肌を整えることが可能になります。肌に化粧水を塗布する際は、肌がダメージを受けて逆効果にならないようにするため、強く叩かずに軽く押しながら浸透させていくことがポイントです。

またスライドしたり擦ったりすると、肌の繊維を壊す可能性もあるため注意する必要があります。それから、使用する量が少なすぎる場合は手やコットンの刺激が強くなり、逆に使う量が多すぎると肌表面に成分が残ってダメージになることがあるので、自分に合う適量を使うことが重要です。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です