アトピー肌の化粧水の選び方

洗顔後の肌に水分を浸透しやすくし、皮膚を整えるために化粧水は存在します。現在では様々な企業から化粧水が出回ってますが、商品によっては肌が引っ張られたり、刺激性が強いものもあり自分には合わないものは少なくないです。特に肌が過敏になりじんましんなどの症状を引き起こすアトピー肌の人は、基礎化粧品の選び方は大切です。アトピー肌、つまりアトピー性皮膚炎を患った人に適した化粧水は低刺激で、保湿成分を含んだものが良いとされます。

まず低刺激なものとはアルコールや界面活性剤、香料を初めとした添加物がないものであり、これらはアトピー肌の体質の人が使用すると痒みや赤みなどの肌トラブルを発生しやすいです。上記の成分を避けるだけでも肌にかかる負担を緩和でき、適切なスキンケアに近づくことができます。次に保湿成分とアトピーとの関係は、この皮膚トラブルの人の肌は本来皮膚にあるべきバリア機能が壊れることで多様な刺激に過敏になることで乾燥や痒み、赤みなどの症状を引き起こします。この時肌表面のバリア機能を修復するのに保湿成分が有効であり、ヒアルロン酸やセラミドといった成分が含まれた商品がおすすめです。

特に後者のセラミドは元々皮膚に備わってる成分で、肌のバリア機能を正常に働かせて外部からの刺激を防いで肌の調子を整える働きを持ってます。アトピー肌の人はこのセラミドが不足している状態であり、外から補うことで健康な状態に変化させることが可能とされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です