化粧水でケアしたいなら

洗顔後にきちんと化粧水をつけているのに全く保湿されないという人や肌の乾燥で悩んでいるという人もいるでしょう。そのような場合は洗顔方法が間違っていることもありますが、化粧水の付け方を見直すことで簡単に浸透率をアップさせることができるのです。まず大切なのが化粧水は手でつけるようにするということであり、コットンではつけないようにしましょう。以前はコットンの方が肌が潤うと言われていたこともありますが、コットンは肌への刺激が強いので注意が必要です。

ニキビや乾燥肌などの肌トラブルで悩んでいる場合、手でつけた方が肌に優しいのでおすすめです。今回は化粧水の浸透率をアップさせたいという人もいるでしょう。しかし、肌が保てる水分量には限界がありますし、化粧水は肌を保湿するためのものであり、根本的に水分量を高めるためのものではありません。肌が綺麗で自力で潤いを保てる状態なら基礎化粧品を使う必要はないでしょう。

しかし、元々肌が乾燥しやすい人やニキビなどの肌トラブルが起こっている場合、肌が弱っていたり保湿成分が不足していることが考えられます。洗顔をすればさらに皮脂を取り除いてしまいますし、保湿成分がさらに不足してしまうでしょう。保湿成分が不足すると皮脂が過剰に分泌されてしまいますし、ニキビなどの肌トラブルがさらに起こりやすくなってしまうのです。また、化粧品の浸透も悪くなってしまうため、洗顔後はできるだけ早く保湿した方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です