化粧水の正しい使い方をマスターして美肌をゲット

化粧水の使い方によって、お肌の調子はずいぶん変わってくるものです。そこで、正しい使い方をしっかりマスターして美肌をゲットしたいものです。一般には、洗顔後にただ顔につけるだけ、という方が意外に多いことでしょう。しかし、化粧水の大事な役割りの一つは、洗顔時の水がお肌の水分と一緒に蒸発していくのを防ぐというものです。

それで、洗顔した後は水をしっかりふき取ってからつけるのが大切なポイントです。また、化粧水をつける際にはコットンを使うか手でつけるかに関して賛否両論があることでしょう。お肌の状態によっても異なりますが、コットンを使うと肌トラブルが起きやすいと感じている方もいます。こうしたことが生じるのは、コットンによって大事なお肌に無数の傷をつけてしまうことがあるからであると言われています。

特に、もともとニキビができている方にとっては、コットンが余分な刺激となってしまうことでしょう。そこで勧められているのは手でつけることです。化粧水を手に取り、少し体温で温めてからつけるようにするなら、なじみやすくなるでしょう。さらに、手を使って化粧水をつける際、手の温かさも重要なポイントとなります。

仮に手が冷た過ぎると、お肌になじみにくかったり、お肌を傷つけてしまうことさえあると言われています。それで、あらかじめお湯につけたりして手を温めておくようにしましょう。そして、手の平全体で優しく顔を覆うようにしてなじませることができます。ロダン&フィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です