化粧水の効果を高める方法

毎日、洗顔の後はなんとなく化粧水を使っているという人が多いです。しかし、スキンケアを始める上で、とても重要なステップをなんとなく行ってしまうというのは、もったいないことです。洗顔後というのは、水分が蒸発しやすく、お肌もデリケートな状態です。できるだけ早く塗るようにすると効果的です。

また、化粧水に求める効果も考えてみましょう。乾燥肌の人であれば、保湿が大切になりますが、保湿以外にもシミやたるみといった肌悩みを持つ人も多いでしょう。美白、アンチエイジングなどの効果があるので自分のなりたいお肌の状態について考えてみるといいでしょう。敏感肌の人が、美白もしたいと考えることもありますが、美白成分の中にはお肌をさっぱりさせる成分が入っていることもあり、自分のお肌に合うかのチェックが必要です。

化粧水は、使用量を必ず調べてから使います。500円玉程度の大きさなど、パッケージに1回の使用目安量が書いてあります。多くの場合、これより少ない量しか使っていないことがあります。適量を手に取ったら、やさしくお肌に塗っていきます。

パッティングをした方がお肌に染み込んでいくイメージがありますが、叩き過ぎるのはお肌の負担になってしまうので辞めましょう。コットンを使ってもいいですが、摩擦が起きたり、繊維がお肌についてしまうことがあるので、敏感肌の人は注意しましょう。テスターやサンプルがあれば、自分のお肌に合うかチェックできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です