スノボー旅行では徹底した乾燥対策で肌を守る

シーズンになりスノボー旅行へ行くなら、肌への対策もしておく必要があります。

時期は真冬の旅行なので、スノボーは寒い中で行うスポーツですが、白銀世界のゲレンデは普段の冬の生活より、肌が日焼けしやすい環境です。それに加えてスキー場の空気は大変冷たくで乾燥をしているため、スノボー旅行はUV対策と乾燥対策も欠かせません。

素肌にできるだけ強い刺激を与えずに、ウィンタースポーツを楽しくケアを心掛けることです。風を切り滑降したり、ゆっくりと滑るなど、本人のペースで楽しめる冬のスポーツですが、顔の肌の露出する部分には、冷たく乾燥をした風がダイレクトにあたります。冷たい風だけではなく、紫外線の影響も強いので、皮膚はさらに乾燥をしやすい状態です。ゲレンデへ行く前にから準備は始めたほうがよく、肌には化粧水や乳液を多めに使いスキンケアをしておきます。

思い切りスキー場で滑った後も、洗顔で汚れを落としたら、化粧水をたっぷりと肌に浸透させることです。保湿力を高めるために、コットンパックをするなど、徹底して失われた水分を補います。化粧水で肌に潤いが満たされたら、保湿作用の高い基礎化粧品を使いお手入れをすることです。顔の中で他の皮膚よりも角質層の薄い、唇の保湿も忘れません。水分蒸発の進行しやすい唇は、リップクリームをこまめに塗ったり、ワセリンを付けて守ります。雪が紫外線を反射するのがゲレンデですから、徹底的に日焼け止めを活用することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *