大阪東京間の高速バスでの過ごし方

大阪東京間の高速バスは、なんと行っても価格が安いことから利用者が多い路線です。

新幹線の場合、1万4千円以上掛かるところが、たったの2500円で大阪東京間を移動することが出来るため、旅費を抑えたい人、または学生などに人気があるのです。格安高速バスの場合、4列シートの座席が一般的です。確かに狭くて窮屈で、なおかつ十分にリクライニングを倒すことができないので、ひどく疲れてしまう方も多いです。しかしながら、旅行グッズを上手に使うことで快適なバスの旅を楽しむことができます。

例えば、ネックピローは折りたたみ式になっているので、空気を入れるだけで柔らかいネックピローに早変わりします。それを首元に置いて眠れば、首が疲れたりすることを防ぐことができます。さらに、リクライニングが十分にできない狭い車内であっても、快適な睡眠を得ることが出来るとあって格安高速バスの旅には欠かせないアイテムです。格安高速バスで大阪東京間を移動する際には、適宜トイレ休憩が入ります。

その時には車内から一旦外に出て、新鮮な空気を数とともにストレッチをすると疲れを取ることができます。ちょっと体を動かすだけで、体のこりをほぐすことになるため、多少面倒であってもトイレ休憩の際には、バスから降りて軽くストレッチをすると良いです。その他にも、アイマスクや音楽や映画を見ることが出来る端末を持ち込んで、長い行程を快適に過ごすための工夫をすることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *