高速バスで大阪から東京まで移動する

高速バスは運賃が安いというメリットが知られていますが、これ以外にも様々なメリットがあります。

まずルートについて考える必要がなく、一旦バスに乗り込めば荷物を下ろすことなくそのまま目的地についてしまうというのも高速バスならではの特徴です。他にも飛行機よりも行き先が様々で、空港までが遠くて不便という場合でもバスであれば降車が目的地に近いところを選べるようになります。安さばかりがクローズアップされて、メリットがそれだけのものと思われがちですが、これら高速バスならではの特徴をうまく活用している人が多数です。

大阪発東京行きの高速バスは、乗る場所と降りる場所それぞれが幅広く選べるようになっています。大阪からの主な乗り場は、梅田駅や大阪駅前、桃山台駅、湊町バスターミナルなど様々です。この他にも大阪周辺では京都の祇園四条駅や京都駅八条口などにも東京行きの乗り場があります。一方の東京の降りる場所は新宿南口やJR八王子駅、池袋駅、京成上野駅などがあり、東京近隣であれば横浜駅や成田空港、山梨県の甲府駅などです。

移動が少しでも快適になるよう、各社ではフットレストやレッグレスト付きのシートやUSB充電、ブランケットの貸し出しなど様々なサービスを行っています。女性で高速バスの利用が初めてという場合や、一人で乗るため不安を感じるといった場合には、女性専用エリアのあるバスがおすすめです。大阪から東京までの移動は車中泊となるため、寝ながら移動して朝になると到着できるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *