東京と大阪間の高速バスを利用するメリット

東京と大阪を移動する際に利用する公共交通機関と言えば鉄道か飛行機が一般的ですが、最近では若い世代やビジネスマンを中心に高速バスの利用が急増しています。

飛行機ならばおよそ1時間、鉄道ならば3時間前後で到着しますが、高速バスの場合は休憩時間も含めて9時間前後と最大で8時間前後の違いがあるものの、飛行機や鉄道と比較して料金が安いというメリットがあります。近年、航空業界も格安で利用できるLCCが注目を集めていますが、それでも東京と大阪間であれば最低6千円程度を見込んでおかなければなりません。

一般の航空会社なら早めの予約でも1万は超えてしまいますし、鉄道の場合でも最低1万円は必要です。しかし、高速バスであれば最低2千円前後から利用することができますので、到着後の予算にも多少余裕を持てるようになります。ただし、東京と大阪間は乗車時間が長くなるため、バスに快適性を求めてしまうと1万円近くになることもあります。

高速バスを利用するもうひとつのメリットに、時間を有効に使えるということも挙げられます。特に、東京を夜出発して大阪に早朝つく深夜バスであれば、乗る直前まで用事を済ますことができますし、寝ている間に安く移動できて、早朝に到着後から活動を開始することができます。旅行などで遊びに行くときはもちろんのこと、ビジネス利用でも宿泊代の節約に繋がる上に時間を効率的に使えることから、移動手段として正式に採用する企業も増加傾向となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *