東京大阪を結ぶ高速バスの特徴とメリットなど

東京と大阪を結ぶ高速バスには、昼行バスと夜行バスがあります。

まず昼行バスは言うまでもなく朝や昼に出発して着くものです。東京と大阪間の所要時間は約9時間で一日の活動時間の多くをバスの移動に費やされます。時間の有効活用の点では敬遠されますが、昼行の高速バスのメリットは夜行バスと遜色ない設備で夜行バスより安く場合が多いのがメリットです。3列シートのも導入されている会社もあり、快適にバス旅ができます。そして、道中の景色が楽しめることがあげられます。

夜行ですとカーテンが閉められるため景色は楽しめません。東京から大阪まで道中絶景が見られたりでき、途中のSAなどではお店が開いているので買い物や食事が可能です。そして、眠くなったら高速バスの車内で昼寝をするのもある意味贅沢と言えます。あくまでも昼寝なので、しっかり眠らなければならないといった不安はありません。一方、夜行バスは昼行バスと逆に、夜に移動するため現地での滞在時間が長くなり時間の有効活用ができます。

そして、新幹線や飛行機と比較して安いですし、座席が3列や4列、トイレの有無などランクが多いので、予算に合わせやすいです。そのため、東京と大阪を結ぶ夜行高速バスはさまざまな会社から数多く運行されています。東京大阪を結ぶバスも含めて、最近の大阪から東京の高速バスはコンセントや無線LANを備えているバスが増加中です。乗車中、スマートフォンなどでインターネットなどが、契約したギガ数やバッテリーを気にせずに楽しめてますます快適な車内になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *