関西から沖縄宮古島に向かう航空便

関西から沖縄宮古島に旅行をする際は、さまざまな航空便で現地を訪れることができます。

関西から直接宮古空港に到着するルートと、他の空港を経由して宮古空港に到着するルートがあります。沖縄宮古島へ直接到着する航空便は、関西国際空港から1日1便運行しています。直接のルートであれば、飛行時間は短く2時間40分程で到着します。午前10時20分に出発する全日空の便です。関西地方から直接アクセスできる便として唯一のものとなります。伊丹空港や神戸空港からご利用される場合は、那覇空港を経由して現地に到着するルートが主流です。

伊丹空港や神戸空港から出発して、沖縄・那覇空港に到着する航空便は、それぞれ1日5便ずつになります。このほか、和歌山県南部に所在する南紀白浜空港からアクセスする場合は、羽田空港を経由して宮古空港へ向かう流れとなります。南紀白浜空港は、1日3便羽田行きの便を運行するのみであるため、一旦は羽田空港に向かうルートをとります。地方空港では、兵庫県北部に所在する但馬空港もあります。

但馬空港からは、1日2便だけ伊丹空港を経由して羽田空港に向かう便を運行しています。伊丹空港で降りたあと、那覇空港行きに乗り換え、那覇空港から宮古空港行きに乗り換えて現地を目指します。関西地方の各地から沖縄・宮古島へ向かう際は、活用する空港により、航空便のルートが大きく異なります。どの空港を使い、どの航空便を使えばベストな移動ができるか、事前によく確認の上利用することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *