来訪者の注目を集める展示会デザイン

main-img

展示会を訪れる人は、自分の興味のある商品の動向や新製品の特長などに関する情報を新たにしたいとという目的で来られる人が多いはずです。

したがって先進性のある、あるいは現代の課題に明確な答えとなるような新商品に関する情報をほしいと考えています。


展示会場は多数の企業が参入していますので、一社当たりに来訪者が見学できる時間はごく限られているといってよいでしょう。


その与えられた短い時間の間に商品に関する新たな情報を来訪者にもってもらうために何が必要かを考えて展示会ブースをデザインしていきます。ちょうど新聞の見出しのように、ポイントをつかんでいけば概要がつかめ、詳しく知りたい情報にもアクセスできるように構築できると、来訪者にとって一番わかりやすく効率的に情報を得ることができるでしょう。

したがって展示会の担当者は、商品の特徴や競合他社とのちがいをどうやって明らかにするかにしのぎを削ります。
アピールすべき部分を目立たせて、印象深いものにする絶好の機会が与えられるわけですから、切り札となるようなアイデアをそこに投入します。



そのうえで展示会のデザインをより研ぎ澄まされたものにしていきます。それには確固とした商品に関する理解が必要です。

デザイナーであっても担当する商品の特徴の把握や性能に関しては、説明できるぐらい理解して仕事にあたります。

OKWaveに関する疑問にお答えします。

こうして完成したデザインは的を射ていて、来訪者の人々に関心を持ってもらいやすいものになっているはずです。



注目を集める優れたデザインを的確に行う上で、この商品への理解は欠くことができません。

納得の情報

subpage01

社内での議論をつくして展示会のデザインの原案はできてくるものです。それはあくまでも委託先の企画業者によるものではなく、社内でもちよりお互いに展示のためのアイデアを議論し合ってこそ生まれてくるものです。...

more

事業の基本知識

subpage02

商品によっては商品そのものよりも展示会において模型を製作した方がより来訪者にわかりやすく商品の理解が進む場合があります。音声だけではその具体的なイメージは湧きにくいものです。...

more

事業のテクニック

subpage03

展示会とデザインは、切っても切れない関係性があります。こうした催しでは、集客力を高めることが大切です。...

more

専門知識

subpage04

商品の宣伝のための展示会において、来訪者にすんなり受け入れられると、それは展示会デザインがうまくいったことを示します。それは来訪者にとって受け入れやすく、なじみとなり、商品の購入への意欲へとつながるからです。...

more