名古屋で格安レンタカーを利用するコツとは?

観光に出かけるときに自動車をレンタルする、東京から車を運転して名古屋まで行くよりも電車を利用して最寄り駅まで行き、そこからレンタカーを借りて観光した方が運転する時間を短縮できて疲れないなどのメリットがあります。会社によりレンタル料金は変わるので少しでも安いところを探したい、格安の自動車を探すコツを伝授しましょう。

借りるときの注意点には何がある?

ネットを使えば安いレンタカーを名古屋で見つけることはできる、しかし値段が安いだけで決めてしまうと思わぬトラブルが起きないとはいい切れません。一般的に格安といわれている値段の相場は、12時間で2,500円~3,000円が基本料金です。この金額は大手と比べたとき半額程度の値段で借りることができる魅力があります。そもそも、このような値段で車を貸して会社側は利益が出るのだろうか、利用する側なのに自動車を貸す側の心配を考えてしまう人も多いのではないでしょうか。このような会社の場合は、営業所がガソリンスタンドや整備工場になっていること、そしてこれらはフランチャイズを活用しているのが特徴です。例えば、ガソリンスタンドの事業を行っていた会社が自動車を貸すビジネスとしてフランチャイズ加盟を行っているなどが挙げられます。車両も新車などではなく年季が入った中古車のケースもあり、整備や洗車などはすべてガソリンスタンドが行っている関係からも費用そのものを抑えることができるなどから借りるときの料金が大手の半額程度になる理由があるわけです。また、車を返すときに給油して満タンにする形になるわけですが、最終給油を自社のガソリンスタンドで行うなどの義務付けが設けてあるところも少なくありません。

免責補償やカーナビはオプションのケースも

名古屋の格安レンタカーは、年季が入った中古車で最終給油は車を借りたガソリンスタンドで行うことが義務付けられている、そのため価格が大幅に安い設定になっているのが特徴です。これは基本料金の設定価格に値するもので、カーナビゲーションシステムや免責補償などがオプションになっているケースもあるため注意が必要です。その理由の中には、オプション料金は決して安いものではない点が挙げられます。このようなオプションビジネスは、価格が安いと評判のLCC類似していている部分があり必要と思われる機能や補償などオプションで追加するとレンタル料はそれほど安くならないケースもあるため注意が必要です。最近の自動車は燃費性能が格段に向上していて、年季が入った中古車と比べてもガソリンの節約効果を期待することができます。古い車の場合近距離のときには、融通が利くけれども長距離になって来るとガソリン代が多く必要になるなど距離が長い観光のときには大手の会社の自動車を借りた方がガソリン代で有利になる可能性も高くなります。もっとも年季が入った古い車の長距離利用はトラブルの不安もありますが、1~2日程度の近隣観光なら問題はないでしょう。

大手のキャンペーン価格との比較もしておこう

格安レンタカーは、文字通り借りるときの基本料金が安いなどの特徴を持ちますが、カーナビゲーションシステムがオプションになっている場合、それを装着するとそれなりの値段になることも覚えておきましょう。仮に、大手の車を借りるときにキャンペーンが開催されていて、会員価格で提供しているなど手ごろなお値段で借りることができるケースなどではこちらの方がトータルコストが安くなる可能性もあります。基本料金が安いので上手に活用すればコストパフォーマンスが優れているだけでなく、大手が提供するサービスには存在していない立地で車を借りることができるケースもあるなど便利な存在といえましょう。対応が良いお店を見つければ名古屋の近距離観光にも優れた効果を発揮してくれることでしょう。ただ、基本料金が抑えられている理由の一つに年季が入った中古車を貸し出しているケースがあることも覚えておく、このような車両はしっかり整備してあるといっても車両トラブルが起きる可能性もありますし、基準を満たしていてもタイヤの溝が基準ギリギリのケースもないとはいい切れません。ベテランのドライバーさんなら対処できるけれども、初心者ドライバーには少々難易度は高くなるので運転技術により利用を控えた方が良いケースもあります。

まとめ

値段が安いから利用しようとしたら、年季が入っている中古車が登場したなど経験を持つ人は多いのではないでしょうか。また、カーナビゲーションシステムなどがオプションになっていて1日1,000円などの料金を払った人も多いといえます。市内観光などであれば使えるけれども、長距離のときには大手の車を借りて観光を楽しむのがおすすめです。名古屋のレンタカーのことならこちら