審美歯科でホワイトニングをしよう

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった口の中の病気を治療をするのではなく、歯の美しさを求める医療のことです。


代表的なのは矯正治療とホワイトニングです。

矯正治療を行うことによって歯並びが綺麗になります。
ホワイトニングは、その名の通り、歯を白くしてくれます。
白い歯というのは誰しもが憧れるものですよね。

歯が白いか白くないかだけの違いで、人は自信を持ったり逆に自信が持てなかったりするほど、影響があるものです。

歯が白いとそれだけで清潔感があり、若々しさも感じられます。

それだけで自信を持てるようになり、歯を見せて笑うことにも抵抗がなくなり、性格も前向きに明るくなりますね。人に与える印象にも影響があり、清潔感があるイメージをもたらします。ホワイトニングには、歯を削らずに白くする方法と、歯を削る方法があります。削らずに白くする方法は、薬剤を歯の表面に塗り、色を変化させて白くする方法です。

ただ、虫歯があったり歯周病があったりすると施術できないため、この方法を行う前にしっかりと虫歯や歯周病を治しておく必要があります。

神経を抜いてしまって神経がない歯の場合、歯が茶色に変色してくることがあります。

その場合は歯の内側に薬剤を投入し、歯を白くします。
神経が残っていて健康な歯を白くしたい場合、歯の表面に35%程の過酸化水素水を含む薬剤を塗布し、そこに光を当てて白くします。

審美歯科で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングといいますが、オフィスホワイトニングの他に、家庭でもできるホームホワイトニングというのがあります。

歯医者さんの指示に従い、マウスピースと薬剤を使用してお家でホワイトニングをするという方法です。

オーダーメイドのマウスピースに薬剤を入れて装着するだけなので、誰でも簡単に歯を白くすることができます。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いはあるのかどうか気になりますよね。違いの一つは、ホームホワイトニングは一回やっただけでは歯を白くすることができないことです。

オフィスホワイトニングは、一度の施術で効果を実感できます。
施術の時間は約1時間ほどです。しかしホームホワイトニングは最低1~2週間は続けないと効果を実感することができません。

一日一回、約2時間専用のマウスピースを装着する必要があります。

もう一つの違いは、効果が持続する期間です。


オフィスホワイトニングの効果が維持できる期間は約3ヵ月~6ヵ月といわれています。

ホームホワイトニングは維持できる期間は1年~2年といわれているので、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングと比べて効果の持続が短いのがわかります。
オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、お好きな白さまで白くすることができます。

ご自身のライフスタイルなどに合わせて選んでみるのも良いでしょう。

早く白くしたい、早く白さを実感したい!という方は、審美歯科でのオフィスホワイトニングをおすすめします。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000FQYPL
http://getnews.jp/archives/714219
http://girlschannel.net/topics/keyword/%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85

東京の自毛植毛関連情報を解説します。



有名なホワイトニングのランキング関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

銀座のダイエットクリニック関連情報を解説します。

フィンペシアならオオサカ堂に関する口コミ情報を募集しています。